ホーム
活動記録
RSS配信
イベント
水質調査
自然環境
公園変遷
会の紹介

飛翔数推移

年ごとに飛翔数調査結果をまとめています。

総括  
 年毎の飛翔数・飛翔日数グラフ  
 飛翔数は調査開始年より総じて漸減状態にある。2020年は持ち直したが漸減傾向は変わらず。飛翔日数も天候の影響を直接受けるが、漸減。保全活動はホタルの減少スピードを遅らせる貢献があるかは不明な状態。毎年気候に関係した新たな脅威が出てきている。猛暑、長雨、台風・・・。

 

2020年  
 調査掲示板  飛翔数グラフ
 調査飛翔総数 434  /40日  
                       >>2020調査結果リンク
過去8年間の比較  
 これだけ記録的な長雨、昨秋の令和元年東日本台風(2019年台風19号の正式名称)による沢と菖蒲田への激流の影響も懸念されたが、持ち直した(?)。
2019年  
 調査掲示板  飛翔数グラフ
赤線の部分が2019年
 調査飛翔総数 206  /36日  
 調査期間では最低の飛翔数となった。主な要因は、雨が多かったことと思われる。
2018年  
 調査掲示板  飛翔数グラフ
緑色の部分が2018年
 調査飛翔総数 524  /42日  
 調査期間では漸減の飛翔数となった。猛暑日が早くから始まり飛翔開始も早かった。飛翔数も持ち直した感。
2017年  
 調査掲示板  飛翔数グラフ
赤線の部分が2017年
 調査飛翔総数 524  /42日  
 飛翔数ピークはあったものの全体数が減少。雨が多かったことと思われる。
2016年  
 調査掲示板  飛翔数グラフ
赤色の部分が2016年
 調査飛翔総数 532  /46日  
 ことしもホタルの光が楽しめた。昨年より微増。誤差のうちで見れば昨年同等レベル。
2015年  
 調査掲示板  飛翔数グラフ
黄色の部分が2015年
 調査飛翔総数 500  /52日  
 飛翔数累計では一昨年(振出し)に戻ってしまった。昨年はぬか喜びに。
                       >>調査結果リンク
2014年  
 調査掲示板  飛翔数グラフ
赤線の部分が2014年
 調査飛翔総数 812  /62日  
 保全活動の成果!?。前年+80%近くの飛翔数を数えた。復活の予兆か。
                       >>調査結果リンク
2013年  
 調査掲示板  飛翔数グラフ
 調査飛翔総数 456  /47日  
 看板一つを設置するにも公園内なので設置許可申請が必要な堅い世界。市役所の全面協力を得て(というより市役所主管で)、公園内に専用調査板が設置され、初めての本格的調査。もう絶滅したかと見向きもされなかった、ちょっと荒れた菖蒲田でこんなに飛翔数があることがわかったし、驚き。また、近隣生息地での発生より2〜3週間遅れていることがわかった。原因は・・・、あせらず究明活動が必要だ。
                       >>調査結果リンク