ホーム
活動記録
イベント
水質調査
自然環境
公園変遷
会の紹介
RSS配信

ホタル生息域街路灯遮光作業

  2020.6/13
■公園内街路灯部分遮光
 次から次へと変わる天気予報に翻弄され、実際には雨天の中、機材準備の関係で公園街路灯2基の部分遮光用遮光板の取り付け作業を実施した。
 今回から公園指定管理者である東松山文化まちづくり公社の方々の手を借り(借りたというよりおんぶに抱っこ)軽リフト&ダンプ+脚立を使っての高所作業。我々は下にいて遮光カバーの方向指示のみという変わり様。
雨脚も強くなり、ハラハラしながらの見上げるだけの状態でしたが、おかげで、ホタル発生シーズン前に何とか間に合わせることができた。
 
■階段街路灯遮光
ものものしい黒い横断幕(遮光シート)がホタル生息域前の階段下に設置された。
 階段上の道路上の階段に設置してある街路灯からも光が届くので、今後どれだけ有効か確認しながら毎夜のホタル飛翔数調査を行っていく予定。
 
■階段街路灯の遮光背景
2019年までの街路灯 2019年LED化 2019年6月傘形状変更
 ダウンライトで階段部中心に明かりが届いていた。  全方位照射型でしかも光源の明るさが増した。  上方向の遮蔽型傘形状に変更された。
 ダウンライト型で長年、階段下のホタル生息域には光が届かなかった。ただ、生垣や植木の枝葉によって遮られていたことも幸運だった。
 生垣や植木の枝葉の剪定に伴う対応として、必要に応じ住戸のフェンスから枝葉相当の遮光シートを取り付けてきた。
 エコタウンプロジェクトの施策の一環で街路灯LED化が行われ、同時に光度と照射範囲が変わりホタル生息域「光」問題として顕在化した。
   
   
会員8名+公社職員2名の参加 1時間の作業