ホーム
活動記録
イベント
水質調査
自然環境
公園変遷
会の紹介
RSS配信

 朝から雨。しとしとと降り続け気温も上がらない。天気予報では午後6時以降は雨がやむとのことで、これを信じて「決行」を展開。お昼になっても雨。問合せ対応では強気に「やります」宣言しながら最悪はドタキャンかな?と不安な状態が続く。幸運なことに午後4時すぎには雨が上がった。

 少し宵闇の7時すぎにはオレンジビブス姿で一目で分かるような身支度のスタッフがあつまり、鑑賞会の準備。集合場所にはのぼり旗をたて、どれだけ参加があるのか多少不安な中スタートした。

 雨上がりの中、少ないと思っていたが集合時間になると相当な人が集まっている。総勢103名の参加者。まずは鑑賞会の注意事項を説明し、ゆっくりと公園の暗闇の中に進む。自然と隊列が出来、スタッフで誘導し、現地に到着。
 暗闇で飛び交うヘイケボタルに皆さん感激。手を差出すと掌で光っているホタルもいて距離感が非常に近い状態。いつもながらこの狭い空間に100名、そして飛び交う歓声でホタルの飛翔も増えて行く。いつも会員当番で飛翔数を数えているが、菖蒲の根本の葉陰にいるとちょっと離れたところからは見つけられない。実感としては発生数と飛翔数は違う。
 みなさん充分鑑賞された後は三々五々家路へと暗闇の中を帰って行きました。 今日は市の広報紙の取材もあり、市の広報紙を通してこの生物多様性が維持されている環境への理解が深まることを期待します。