ホーム
イベント
活動記録
水質調査
自然環境
公園変遷
会の紹介
RSS配信

ビオトープの課題 生息環境の四季 ホタル 生息域の変遷 植物相調査

松風公園菖蒲田の変遷

 1990年  
 旧木道の側に大きな一株のキショウブがあった。流れる水はきれいだった。
 2000年  
 ハナショウブの紫と白が咲いていた。
 2005年  
 キショウブとハナショウブは咲く時期が少しずれるので共存
 2010年  
 一番勢力があった年代
 2013年  
 この年でハナショウブはこの菖蒲田では絶滅した。
 2014年  
 毎年黄色の花をつけている。
 
 現在
 地下茎が張りすぎて、さすがに強靭なキショウブも花がほとんどつかなくなった。
 2019年に公園指定管理者から少しずつ抜いてみるとの話があったが、実行されず。
 ホタル生息域なので、重機による荒っぽい作業はできないだろうとお願いはしているので、ますます大変な作業になるだろうと、現在静観状態だが、実施する場合は冬季に人手を集めてのホタル幼虫を残す(土を残す)作業で行う必要がある。